RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

動物関連ニュース

動物たちの活動のために動物に関する記事を参考のために集めています

どんぐりさん・すぴかさん
専用のパスワードを設定しましたので是非メールをお待ちしています
<< 「殴ったりたたいたりして、目にけがを負わせるなど」 〜猫虐待の疑い、20代男性書類送検へ ネットで譲り受け | main | 安楽死の末に/下関市 >>
「苦渋の決断」…犬猫の殺処分回避で全国的に注目された熊本市動物愛護センター、8カ月ぶりに犬を殺処分
0
     犬猫の殺処分回避で全国的に注目されている熊本市動物愛護センター(同市小山)は25日、
    犬3匹を殺処分したことを明らかにした。26日も犬3匹の処分を決めている。犬の殺処分は
    約8カ月ぶりで本年度は初めて。昨年度は1匹だったが収容数が限界を超えていたこともあり、
    「苦渋の決断」(同センター)を余儀なくされた。

     同センターで一度に収容できるのは施設規模から50〜60匹程度が限界。昨年度から満杯
    状態が続いていたが、4月以降は収容数が増加傾向にあるのに対して、元の飼い主に引き取られる
    ケースが例年より少なく、今月11日には過去最高の82匹まで増えた。その後、譲渡先が
    見つかるなどして一時は70匹を割ったが、24日時点で78匹と依然として限界を超えていた。

     昨年9月以来となる殺処分の理由について、同センターは「限られた空間に犬の数が多すぎる
    ため、感染症が一気に広がる恐れがあるほか、けんかで死亡するケースも心配され、譲渡される
    犬まで死んでしまいかねない」と説明する。

     今回の殺処分6匹はいずれも成犬で、しつけが難しいなど譲渡先が見つかる可能性が低いという。
    今回以降の殺処分は予定していないとしている。同センターは「ボランティアの市民の協力も
    得ながら一生懸命に犬の命をつないでいる。飼い主が犬を迷子にさせないこと、最後まで責任を
    持って飼うことへの理解を求めたい」と話している。

    2010年5月25日 くまにちコム
    http://kumanichi.com/news/local/main/20100525008.shtml

    by jl-jl
    | 愛護センター関連 | 21:09 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://news.kogenta.ciao.jp/trackback/992190