RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

動物関連ニュース

動物たちの活動のために動物に関する記事を参考のために集めています

どんぐりさん・すぴかさん
専用のパスワードを設定しましたので是非メールをお待ちしています
<< <重過失傷害>「警告再三なのに」重傷負わせ犬の飼い主逮捕 | main | 探偵ファイルより/長崎市動物虐待事件 >>
犬放した飼い主逮捕 県の指導再三無視 通行人襲われ重傷 容疑で折尾署
0
    犬放した飼い主逮捕 県の指導再三無視 通行人襲われ重傷 容疑で折尾署

     福岡県警折尾署は七日、運動のために放したペットの大型犬が他人にかみつき、重傷を負わせたとして、同県動物愛護条例違反と傷害の疑いで、同県中間市中間一丁目、無職波多野秀彦容疑者(70)を逮捕した。同容疑者は以前に二回、同様の事故を起こしている上、県の再三の指導を無視しており、同署は同条例の措置命令違反容疑を初めて適用した。県警によると、犬を放しただけで飼い主が逮捕されるのは珍しいという。

     調べでは、波多野容疑者は体長一六〇―一七〇センチのゴールデンレトリバーと秋田犬、グレートデンの大型犬三匹を飼育。同条例に基づき、同県遠賀保健福祉環境事務所長から「(大型犬を)係留すること」との措置命令を受けていたにもかかわらず、五月三十日から六月二十七日にかけて計十一回、同市の遠賀川河川敷でひもなどにつながずに運動させ、七月五日には放した一匹が同河川敷を散歩中の無職男性(60)の右腕にかみつき、重傷を負わせた疑い。

     河川敷を利用する人から「犬が怖い」などの通報があり、同事務所が今年五月に措置命令を出したが、河川敷での犬の運動を続けたため、同事務所が同署に告発した。同容疑者の飼い犬は、今年四月十六日と五月二十一日にも同河川敷で散歩中の人につめをたてるなどして軽傷を負わせていた。(西日本新聞)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031007-00000074-nnp-kyu
    | 一般 | 19:43 | - | - | - | - |