RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

動物関連ニュース

動物たちの活動のために動物に関する記事を参考のために集めています

どんぐりさん・すぴかさん
専用のパスワードを設定しましたので是非メールをお待ちしています
飼い主恋しい…佐用町水害で迷子の犬_兵庫
0
     台風9号による豪雨の被害を受けた兵庫県佐用町で、川の中州に取り残され、衰弱した状態で見つかった犬が、佐用署の駐在所に引き取られ、元気を取り戻した。

     署員やその家族らは、愛嬌(あいきょう)を振りまく姿に目を細めながら、「早く水害前の暮らしに戻してやりたい」と、手作りのチラシで飼い主を捜している。

     「中州に犬がいる」。同町米田の千種川で、住民が犬を見つけたのは、豪雨から12日後の8月21日。水害前にはなかった中州に、白地に薄茶色のまだら模様の雄犬がおり、佐用署員が救出した時は、やせ細り、足もふらついていた。

     首輪を付けていることから飼い主とはぐれた犬とみられ、いったんは署内で保護。だが、落ち着かない様子を見た平福駐在所の小寺秀幸巡査長(35)が「かわいそう」と思い、妻に相談し、駐在所に連れ帰った。

     その後、次第に回復。耳が内側に折れ曲がった独特の風貌(ふうぼう)と、なでても嫌がらない人なつっこさで、すぐに近所の人気者に。ドッグフードやチーズをよく食べ、散歩中には由香里さんを引っ張るくらい、体力を取り戻した。長女は「ゴン太」と呼んで家族同然にかわいがっている。

     ただ、夜は遠ぼえを繰り返すため、小寺巡査長は「やはり、前の生活が恋しいのでは」と直感。飼い主を捜すため、写真入りチラシを町内に配ることに。小寺巡査長は「家族のように接する娘は複雑だろうが、せっかく生き延びたのだから、飼い主に元気な姿を見せてあげたい」と話している。

    2009年9月5日19時08分 読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090128-945694/news/20090905-OYT1T00626.htm

    by jl-jl
    | 自然災害・被災動物 | 12:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
    中越地震生き延びた犬の母子、映画化され長岡で完成披露
    0

      中越地震生き延びた犬の母子、映画化され長岡で完成披露


      新潟県長岡市で行われた「マリと子犬の物語」完成披露試写会に訪れた人たち 中越地震当日に産んだ3匹の子犬とともに、無人化した旧山古志村で生き延びた飼い犬を題材にした映画「マリと子犬の物語」(日本テレビ・東宝提携作品)の完成披露試写会が22日、長岡市内で開かれた。

       村職員だった五十嵐豊さん(42)家族の愛犬マリは、一家が避難した後も、残されたドッグフードで飢えをしのぎ、救出されるまで16日間、子犬たちを守り抜いた。

       試写会には、エキストラとして参加した長岡市民らが招待され、主演の船越英一郎さんが「皆さんと作り上げた映画が、山古志から日本中の人々に、勇気と元気を与えていくことになると思います」と激励した。

       映画は12月8日から全国公開される。

      (2007年10月22日21時38分 読売新聞)
      http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071022i515.htm?from=navr
      | 自然災害・被災動物 | 11:56 | - | - | - | - |
      仮設住宅でペットと暮らす人を支援。ワクチン無料接種
      0
        http://www.komei.or.jp/news/2007/0923/9692.html
        内 容: 仮設住宅でペットと暮らす人を支援。ワクチン無料接種
        2007年09月25日
        2007年9月19日 「ワクチン無料接種」 実施
        2007年9月20日 「新潟県中越沖地震動物救済本部 募金」受付状況 公開

        新潟県福祉保健部生活衛生課は、仮設住宅でペットと暮らす人への支援の一環として「ワクチン無料接種」を実施した。

        平成19年度新潟県中越沖地震の発生によって被災した動物と、ペットと暮らす人々への支援を行っている新潟県中越沖地震動物救済本部は、各仮設住宅を巡回し、社団法人 新潟県獣医師会や新潟県動物愛護協会と共に「ワクチンの無料接種」を実施。

        26世帯の犬にワクチン接種を行い、35世帯に犬ねこ用名札を配布、13世帯にゲージ等の貸出しを行い、40世帯の健康や飼育相談を受け付けた。

        そして、支援を希望しなかった世帯を含め143世帯に動物飼育に関するパンフレットを配布。仮設住宅でペットと共に暮らす人々の支援を行っている。

        また今回のワクチン無料接種に関する報告と共に、募金の受付状況、活動資金の使い道について公開。

        これまで新潟県中越沖地震動物救済本部の活動資金に432件、11344722円の募金を受付たことを発表した。

        そして2007年9月14日現在、募金を受け付けた活動資金161万2千円の使途内訳は、ボランティア保険料 約8万円、被災者通信切手代 3万3千円、シェルター(借上料、光熱水費等) 121万円、支援物資・医薬品・飼養物品等 27万6千円。

        物資について、ペットフード工業会からペットフードやペット用品などの無償提供を受け、被災動物飼育者に配布すると共に、一時預かり動物の給餌に使用している。

        その他、新潟県動物医薬品器材協会からは混合ワクチン、ノミダニ予防薬、下痢止め治療薬などの無償提供を受けて、同様に使用している。

        >> 「ワクチンの無料接種」実施 報告/PDF
        http://www.pref.niigata.jp/fukushihoken/seikatueisei/syokuinfo/08saigai/dobutsu/honbu_070921.pdf

        >> 「新潟県中越沖地震動物救済本部 活動資金募金」 受付状況・使途概要/PDF
        http://www.pref.niigata.jp/fukushihoken/seikatueisei/syokuinfo/08saigai/dobutsu/honbu_070920.pdf


        ・ 新潟県 http://www.pref.niigata.jp/

        ・ 新潟県 被災動物支援
        http://www.pref.niigata.jp/fukushihoken/seikatueisei/syokuinfo/
        08saigai/dobutsu/index.html


        犬ニュース01
        http://news01.net/news/2007/09/20070925150619.php
        | 自然災害・被災動物 | 13:37 | - | - | - | - |
        続く被災動物の救済活動。募金受付・活動状況 報告(07/08/29)
        0
          続く被災動物の救済活動。募金受付・活動状況 報告(07/08/29)


          2007年8月27日
          新潟県中越沖地震動物救済本部 募金受付状況・活動状況 報告

          新潟県福祉保健生活衛生課が、新潟県中越沖地震動物救済本部に寄せられた募金の受付状況ならびに活動状況を報告・掲載した。

          今回新潟県福祉保健生活衛生課が発表した新潟県中越沖地震動物救済本部への募金額は2007年8月24日現在で8623195円。

          これまでに411件の募金が寄せられ、今後も継続して動物救済本部の活動資金の募金を募る。

          平成19年度新潟県中越沖地震の発生から被災動物や被災者の支援を行ってきた新潟県中越沖地震動物救済本部は、2007年8月24日までに計171件の犬に関する相談を受け付け。

          フードなどの提供に関する相談(92件)をはじめ、飼育動物の健康や一時預かりなどについて相談を受け付けている。

          また、新潟県内の動物保護管理センターで受け付けている被災により飼えなくなってしまった犬の一時預かりで預かっている犬の頭数は、2007年8月24日現在、21頭。

          中越(10頭)をはじめ魚沼で5頭、上越 3頭、県央 2頭、下越 1頭の動物が一時預かりされている。

          今後も新潟県中越沖地震動物救済本部では引き続き相談の受付や支援物資の提供、仮設住宅での動物飼育支援を行っていく。
          http://news01.net/news/2007/08/20070829142424.php

          | 自然災害・被災動物 | 11:33 | - | - | - | - |
          死んだイルカ、博物館で調査=今後の扱いは未定
          0
            13日、東京都北区の新河岸川で死んでいるのが見つかったイルカについて、都水面清掃事業所潮見分室(江東区潮見)が同日午後、冷凍処理した。その後、新宿区の国立科学博物館新宿分館に移された。
             来週、専門家が解剖するなどして、川に入り込んだ原因や死因などに関して調査。その後、処分するか展示するかについては、現時点で決まっていないという
            | 自然災害・被災動物 | 17:40 | - | - | - | - |
            <中越沖地震>ペットもPTSD? 嘔吐など相談相次ぐ
            0
              <中越沖地震>ペットもPTSD? 嘔吐など相談相次ぐ
              8月7日15時3分配信 毎日新聞


               新潟県中越沖地震の被災地の動物病院に、ペットの犬や猫に食欲不振や嘔吐(おうと)などの症状が出たとの相談が相次いでいる。地震のショックでペットにPTSD(心的外傷後ストレス障害)のような症状が出ることは過去の地震でも指摘されており、専門家は「できるだけスキンシップを取って」と呼びかけている。
               イトウ動物病院(柏崎市三和町)には、中越沖地震があった先月16日の夕方に4件、17日には30件の相談があった。以降も1日10〜15件は寄せられる。内容は▽おびえ▽食欲不振▽嘔吐、下痢――など。犬は大半がチワワやパピヨンなどの小型犬で、神経質な犬は症状が重いという。
               同病院を訪れた同市松波の河南加代子さん(55)が飼っているマルチーズの「アン」は、河南さんから離れないようになった。母犬のチイとともに食欲がなくなり、地震前の半分も食べないと心配する。
               01年の芸予地震でも、同様の状況が報告されている。山口県の獣医師、山本敏雄さん(故人)の調査では、調べた犬156頭のうち82頭が落ち着きがなくなるなどの異常を示し、15頭はPTSDのような状態だった。
               人と動物の関係学が専門の太田光明・麻布大教授は「犬は身近におき、人間の子どもと同じように接してほしい。猫はストレスを感じない環境を与える必要がある」と話している。【山崎理絵、関東晋慈】

              最終更新:8月7日15時4分

              http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070807-00000054-mai-soci
              | 自然災害・被災動物 | 22:49 | - | - | - | - |
              被災ペットの「仮設住宅」完成 長岡市
              0
                被災ペットの「仮設住宅」完成 長岡市

                2007年07月28日08時10分

                 新潟県中越沖地震で被災したペットたちの「仮設住宅」が27日、被災地から約30キロ離れた同県長岡市の中越動物保護管理センターに完成した。県獣医師会などでつくる新潟県中越沖地震動物救済本部が建て、避難生活を送る飼い主から預けられた11匹の小型犬と2匹の猫が「入居」した。


                「仮設住宅」に入居する被災したペット=27日午後、新潟県長岡市で
                 建物は広さ8畳ほどのプレハブで、冷房、ガス、水道付き。犬や猫たちが入ったカゴが室内に並べられている。

                 同本部では現在、県内各地の管理センターで犬22匹、猫4匹、モルモット1匹を引き取り保護している。職員やボランティアが交代で世話をし、飼い主が引き取りに来るまで預かるという。

                http://www.asahi.com/national/update/0727/TKY200707270459.html
                | 自然災害・被災動物 | 15:28 | - | - | - | - |
                中越沖地震ネコ消えた被災地 野生の本能で危険避け?
                0
                  中越沖地震>ネコ消えた被災地 野生の本能で危険避け?

                  7月26日14時52分配信 毎日新聞


                   新潟県中越沖地震後、震度6強を観測した柏崎市内で「ネコの姿を見かけなくなった」と住民の間で話題になっている。地震による動物の異常行動は95年の阪神大震災や04年の中越地震でも明らかになっている。地震の影響でネコが町から消えてしまった理由は?【関東晋慈】
                   「そういえば、いないな」。柏崎市内に住む男性は地震発生から1週間がたった23日、飼いネコがいなくなっていることに気付いた。この1週間、「自分たちのことで手いっぱいだった」。急いで保健所に電話した。日本ネコの交配種で毛並みが長く、右ほおにほくろがある。写真を持って保健所や県獣医師会などが設置した動物救済本部を訪れたが、情報はなかった。
                   県柏崎地域振興局によると、柏崎市、刈羽村に狂犬病対策のため登録されているイヌは4145匹。ペットフードの出荷量などから、ネコはその2〜3倍はいると推計され、野良ネコを含めると市内に1万匹以上いるとみられる。だが地震以降、エサの豊富な避難所周辺でもネコが歩く姿は見かけなくなったという。
                   柏崎保健所に設置された救済本部には、25日午後2時までに一時預かりやエサの提供など、動物に関する相談が計151件あった。うちイヌの行方不明の相談は3件、ネコは15件。中越動物保護管理センターの阿部久司副参事は「動物パトロールをしているが、特定のネコを捜すことは難しい」と対応に苦慮している。
                       *
                   太田光明・麻布大教授(人と動物の関係学)によると、群れを成していたオオカミに人間の手が多く加わったイヌに比べ、単独行動でエサを取れるネコは、より野性的な本能を残している。そのため地震に対して敏感に危険回避行動を取り、安全な場所に身を隠していると考えられるという。
                   救済本部はペットの一時預かりも受け付けているが、25日午後2時現在の預かり希望はイヌの19匹に対し、ネコは9匹のみ。中越地震でもペット相談に当たった中越獣医師会の諸橋一夫会長によると、中越地震よりも今回の方が行方不明になっているネコの報告数が多いという。「山古志村のような全村避難がないことや、中越地震よりも全壊家屋が少ないことがネコの不明報告が多い原因とも考えられる。被災者にとってペットは家族と同然。地震直後から相談を受け付け、できるだけ対応している」と話す。
                   地震発生から5日後に家に帰ってきたネコもいる。「マグロしか食べないんです。ぜいたくに育てたもので」。同市栄町の派遣社員、戸田真弓さん(54)は笑顔で7歳の雌ネコを救済本部に預けた。全壊した自宅に荷物を片付けに戻ると、倒壊した家屋の間にうずくまっていたという。「ラジオの捜索情報でずっと捜していたので、見つかってうれしい。最初は名前を呼んでも、おびえていたが、だんだん落ち着いてきた」と話す。
                   太田教授は「阪神大震災以来、地震によって動物がいなくなった報告例は多くある。時間はかかるだろうが、たとえ倒壊した家でもいつもの場所にエサと水、トイレを置いておくと、帰巣本能で戻ってくる可能性はある」と話している。

                  最終更新:7月26日14時52分

                  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000046-mai-soci
                  | 自然災害・被災動物 | 18:09 | - | - | - | - |
                  愛犬を守る。災害からペットを守るために出来ることとは(07/07/20)
                  0
                    2007年7月18日 「いざという時に災害からペットを守るために」 公開

                    新宿区保健所衛生課が、新たに「いざという時に災害からペットを守るために」を掲載した。

                    新たに新宿区保健所衛生課が掲載・公開した「いざという時に災害からペットを守るために」は、新宿区保健所・危機管理課と東京都獣医師会新宿支部による災害時のペットの安全を考えたパンフレット。

                    平成15年9月から動物救護活動に関する協定を結んでいる新宿区と東京獣医師会新宿支部が、災害に備え、災害時のペットの安全を考えたもしもの時への対策や準備について掲載した。

                    「いざという時に災害からペットを守るために」では、自宅や通勤先から最寄の避難所を確認することや準備しておきたい非難用品をはじめ、食事や水、トイレ用品、常備薬、鑑札・迷子札、ケージ・リード・ハーネスなど、ペットのための防災用品をリストアップ。

                    災害時に備えて事前に準備しておきたい物を紹介すると共に、避難所でお互いが気持よく過ごすためにどんなしつけが必要か、しつけておきたい犬のしつけについても記載されている。

                    犬ニュース01
                    http://news01.net/news/2007/07/20070720133836.php
                    | 自然災害・被災動物 | 03:06 | - | - | - | - |
                    災害救助犬が出発 _動画あり
                    0
                      2007 年 07 月 16 日 14:28 現在
                      災害救助犬が出発


                      16日午後1時すぎ富山市北代の災害救助犬を育成する団体の災害救助犬5頭とボランティア6人が新潟県柏崎市に向けて出発しました。

                       救助犬のボランティアチームは「今の段階では被災地の詳しい状況はわからないが、人命救助は一刻を争うので、現地に向かうことにした」と話しています。

                       この後、全国から集まった他の救助犬チームとも合流して合わせて7頭・10人の態勢で救助活動を行う方針です。

                      KNBニュース
                      http://www2.knb.ne.jp/news/20070716_12148.htm#
                      | 自然災害・被災動物 | 03:58 | - | - | - | - |