RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

動物関連ニュース

動物たちの活動のために動物に関する記事を参考のために集めています

どんぐりさん・すぴかさん
専用のパスワードを設定しましたので是非メールをお待ちしています
「殴ったりたたいたりして、目にけがを負わせるなど」 〜猫虐待の疑い、20代男性書類送検へ ネットで譲り受け
0
    インターネットのサイトを通じて譲り受けた猫を虐待したとして、愛知県警は13日にも、名古屋市南区の20代の無職男性を動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)の疑いで名古屋地検に書類送検する方針を固めた。
    捜査関係者が明らかにした。
    男性が住むマンションと周辺では、猫10匹の死体が見つかり、譲り主らがこの男性を告訴していた。

    捜査関係者によると、男性は犬や猫の飼い主を探すサイトを通じて同市内の女性から譲り受けた猫2匹を昨年10月、
    殴ったりたたいたりして、目にけがを負わせるなど、虐待した疑いがある。

    男性は同年8〜10月ごろ、このサイトを通じて9匹の猫を引き取り、一部の譲り主に「転落死した」などと連絡。
    マンションの屋根や歩道で死んでいるのが見つかった10匹のなかに引き取った猫が含まれていたことから、譲り主や同市内の動物愛護団体が同法違反などの疑いで南署に告訴した。
    だが、これら死んでいた猫については、男性の虐待容疑を示す物証を得られなかったという。

    2010年5月12日 asahi.com
    http://www.asahi.com/national/update/0512/NGY201005110035.html

    by jl-jl
    | 虐待事件 | 21:05 | - | trackbacks(0) | - | - |
    シカに矢、30代男を事情聴取へ
    0
      47ニュース
      シカに矢、30代男を事情聴取へ 奈良、文化財保護法違反で
      http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010041301000171.html
       春日大社(奈良市)の参道で3月、ボーガン用とみられる矢の刺さったシカが見つかり死んだ事件で、三重県の30代の飲食店経営の男が矢を放った疑いが強まったとして、奈良県警は文化財保護法違反の疑いで13日に男を事情聴取する方針を固めた。
       奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されている。捜査関係者によると、男は3月12日夜〜13日未明にかけて、春日大社の境内で矢を放った疑いが持たれている。
       矢が刺さったシカは雌で、13日に保護されたが、15日朝に死んでいるのが見つかった。保護した「奈良の鹿愛護会」によると、矢は肺を貫通していた。2010/04/13 09:03 【共同通信】
      | 虐待事件 | 15:59 | - | trackbacks(0) | - | - |
      "猫10匹がマンションから投げ落とされ?死亡"で、20代男書類送検へ。元の飼い主に死んだネコ写真メールも…名古屋
      0
        猫虐待で家宅捜索 20代男性、容疑一部認める

        ・名古屋市南区のマンションで、死んだ猫10匹が見つかった問題で、南署は18日午後、このマンションに住む20代の無職の男性が別の猫2匹を虐待した疑いが強まったとして動物愛護法違反容疑で男性の自宅を捜索した。

         男性は任意の事情聴取に対し「しつけのため、たたいたことはある」と容疑を一部認めており、同署は容疑が固まり次第、男性を書類送検する方針。

         同署や動物愛護団体によると、男性は昨年7月から10月にかけ、捨て猫などの飼い主を探すインターネットのサイトを通じ、少なくとも8匹の猫を譲り受けた。このうち2匹を元の飼い主に返したが、深づめを負い、目が傷ついていたため、飼い主が同署に被害届を出していた。

         相談を受けた愛護団体がほかの猫の返還も求めたところ、男性は「転落死したり、駅前や自宅前に放した」などと説明したという。別の飼い主に対しては、「転落死した」と死んだ猫の写真を付けたメールを送っていた。

        2010年3月18日 中日新聞
        http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010031890140808.html

        by jl-jl
        | 虐待事件 | 20:34 | - | trackbacks(0) | - | - |
        島根女子大生バラバラ殺人、犬虐待男が目撃される
        0

          Sankei
          配信: 11月11日16時22分
          カテゴリー: 国内ニュース
           島根県浜田市の島根県立大1年、平岡都さん(19)のバラバラ遺体が県境に近い広島県北広島町の臥龍山で見つかった事件で、過去に平岡さんが住んでいた県立大女子寮付近で不審な男が犬にエアガンを発砲する事件があったことが分かった。県警は犯人の猟奇的な嗜好に注目しているが、「1000円高速」の影響で大都市・広島と人の往来が活発となっており、捜査対象の拡大で事件が長期化する恐れも出てきた。

           犬の銃撃事件は2005−06年冬の夜間に発生。近所の住民によると、女子寮から国道9号に向かう道すがら、軽乗用車のような小型車に乗った男が付近を歩いていた犬の前で停車した。

           目撃した男性は「車から男が降りて犬に向けてエアガンを発砲した。犬は悲鳴をあげて山の方に逃げ、撃った男もすぐに車で走り去った。若い男だったが、それ以上は暗くて分からなかった。安全な浜田市で暮らしていて、一番怖いと思った体験だった」と振り返る。

           この銃撃事件と今回の事件が直結するかは不明だが、元警視庁刑事の北芝健氏は「一般的に動物虐待と人体に対する猟奇的な嗜好はつながる。猟奇的嗜好は突然現れるというものではない。動物虐待も含め、犯人の生きてきた軌跡の中で、どこかに手がかりは残されているはず」と指摘する。

           県警の調べによると、8日に発見された平岡さんの胴体部分は、胸の部分がえぐられていた。県警は容疑者に猟奇的な嗜好があるとみて、浜田市内のレンタルDVD店に対し、ホラー映画やスプラッター映画をレンタルした顧客リストの提出を要請している。

           一方、浜田市民は「ここでバラバラ殺人が起きるなんて信じられない」と口をそろえる。遺体が発見された臥龍山は地元の人も「事件で初めて存在を知った」というほどマイナーな山だった。

           そもそも「県立大生と地元の人との交流はアルバイト先ぐらい。ほとんどの学生が、大学内で授業やゼミが一緒になったことがきっかけで結ばれる。ラブホテルも少ないので、同棲カップルが多い」(県立大生)といい、平岡さんのコミュニティーも広範囲ではなさそうだ。

           ただ、「休日の高速道路1000円均一で、広島に直結する浜田道を通って、広島と浜田市の人の行き来はさらに活発となった。これが捜査対象を拡大させるのではないか」(地元紙記者)との声も出ており、捜査の長期化も懸念されている。

          http://news.aol.jp/news_national/story/127162/
          | 虐待事件 | 17:21 | - | trackbacks(0) | - | - |
          路上のパン食べた犬死ぬ 殺虫剤成分を検出 熊本
          0
             熊本市で8月、路上に落ちていたパンを食べた犬が死んだ事件があり、熊本県警が鑑定した結果、パンには劇物で殺虫剤成分のメソミルが含まれていることが2日、捜査関係者への取材でわかった。県警は何者かがパンにメソミルを含ませて放置した疑いもあるとみて、器物損壊容疑で捜査している。

             熊本南署によると、犬は9歳のオスのゴールデンレトリバー。8月27日午後4時ごろ、同市二本木4丁目で、近くに住む飼い主の飲食店経営男性(62)と散歩中、白川の堤防上の道路に落ちていたパンを食べた直後に嘔吐(おうと)を繰り返し、動物病院に運ばれたが、約2時間半後に死んだ。29日にも同じ路上で男性が不審なパンを見つけ、27日のパンとともに、同署に届け出た。

             パンに付着した青色の液体から、メソミルが検出されたという。野菜につく害虫を駆除する殺虫剤で、毒劇物取締法上の劇物。農協やホームセンターなどでは青色の粒状などで市販されている。


            2009年9月2日17時5分

            朝日新聞
            http://www.asahi.com/national/update/0902/SEB200909020008.html


            伽依

            | 虐待事件 | 17:18 | - | trackbacks(0) | - | - |
            プロレスラーらがサル虐待、ブログで発覚_兵庫
            0
               神戸市を拠点に活動するプロレス団体「DRAGON GATE(ドラゴンゲート)」所属のレスラー(27)ら男4人が、ペットのニホンザルを虐待したとして、兵庫県警須磨署は1日にも動物愛護法違反(虐待)などの疑いで書類送検する。


               捜査関係者によると、4人のうち3人は4月下旬、同市須磨区の練習場で、飼っていたサルに制汗剤を吹きかけたり、ライターの火を近づけたりして虐待した疑い。

               別の男(31)は、2000年頃にサルを購入した後、県条例で定められた許可を得ず、飼育した疑いが持たれている。

               虐待の様子をレスラーがインターネットのブログで紹介して発覚。4人は調べに対して、「凶暴なイメージを(ブログで)アピールしようと思った」「サルが臭かったので、制汗剤を使った」などと話しているという。

              2009年8月31日20時19分 読売新聞
              http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090831-OYT1T01211.htm?from=main6

              by jl-jl
              | 虐待事件 | 21:54 | - | trackbacks(0) | - | - |
              毒物入り?パン:散歩中の犬が食べ死ぬ 熊本
              0
                 熊本県警熊本南署は29日、散歩中の犬が道路に置かれていた毒物入りとみられるパンを食べて死んだと発表した。飼い主の熊本市二本木、飲食店経営の男性(62)が届け出て分かった。同署は悪質な器物損壊事件とみている。

                 調べでは、男性は27日午後4時ごろ、自宅近くの白川堤防沿いの道路をゴールデンレトリバー(オス9歳)を連れて散歩していた。犬は路上に置いてあったパンを食べ、家に戻ってから嘔吐(おうと)などの症状が出て約2時間半後に死んだ。犬は元気だったため、突然の死を不審に思ったという。

                 男性は29日午前5時半ごろにも、散歩中にほぼ同じ場所で27日に犬が食べたものと酷似したパンを発見したため届け出た。ちぎられたようなパンには、毒物とみられるジャム状の緑色の異物が挟まれていた。においはないという。県警はパンを鑑定して成分を調べるとともに、目撃者を捜している。

                2009年8月29日 毎日新聞
                http://mainichi.jp/select/today/news/20090830k0000m040045000c.html

                by jl-jl
                | 虐待事件 | 19:43 | - | trackbacks(0) | - | - |
                肉用飼育牛:11頭が額や鼻を切られる 兵庫県三田市で
                0
                   27日午前9時15分ごろ、兵庫県三田市末の牛舎で、伊藤ハム(同県西宮市)所有の肉用の飼育牛11頭が切りつけられたと、管理人男性(57)が110番通報した。それぞれ額や鼻などに刃物によるとみられる長さ10〜20センチの切り傷があり、県警三田署が器物損壊容疑で捜査を始めた。

                   牛舎は同市北部の丘陵地にあり、黒毛和種計125頭を飼育。周りにさくなどはなく、外部から牛に近づくことは可能。管理人が26日午後7時に牛舎を出た際は異常はなかったという。

                  毎日新聞 2009年8月27日
                  http://mainichi.jp/photo/news/20090827k0000e040042000c.html

                  by jl-jl
                  | 虐待事件 | 19:51 | - | trackbacks(0) | - | - |
                  車のボンネットに犬の頭部 笛吹の民家 刃物で切断か_山梨
                  0
                     笛吹市八代町の会社経営の男性(50)宅に駐車していた乗用車のボンネットに刃物で切断されたとみられる犬の頭部が放置されていたことが、22日分かった。
                     通報を受けた笛吹署は、悪質ないたずらとみて調べている。
                     男性によると、11日午前8時ごろ、家族が見つけた。同5時ごろ、男性宅を通り掛かった農業男性が目撃していて「ボンネットに血が流れていた」という。目撃情報などから、犬の頭部が置かれたのは10日夜から11日早朝とみられる。
                     男性宅は県道沿いで、東側の車庫近くのおりで犬1頭、室内でも数頭を飼っているが、無事だったという。男性は、同市内で建設関係の会社を経営していて「いたずらをされるような心当たりはない」と話している。
                     近所住民は「犬の頭だけが車の上に置いてあると聞いて、怖くなった」と、ショックを受けた様子だった。

                    2009年07月23日(木)山梨日日新聞
                    http://www.sannichi.co.jp/local/news/2009/07/23/12.html

                    by jl-jl
                    | 虐待事件 | 20:33 | - | trackbacks(0) | - | - |
                    野良猫、無残な死骸 昨年から20匹以上被害
                    0
                       2008年2月ごろから、那覇市古波蔵の漫湖公園内で、虐待を受けて殺されたとみられる野良猫の死骸(しがい)が相次いで発見されている。死骸は鋭利な物で首元を刺されていたり、頭部がないものや、妊娠中の猫が腹を引き裂かれて体内から子猫が取り出されるなど、異常な状態で見つかっている。動物愛護活動に取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)「動物たちを守る会ケルビム」や、有志で金を出し合って去勢や避妊手術を施す女性らによると、同公園内で被害に遭った猫は、記録しているだけで20匹以上。ケルビムは、6月に那覇署に告発状を提出した。
                       被害状況が確認できたのは、08年は3件、09年は7件。一度に複数の死骸が見つかることもあり、7月4日には4匹の子猫の死骸が見つかり、うち1匹は右前足がちぎりとられていた。ケルビムは、死んだ猫の発見時の状況を写真で記録している。
                       2、3年前から野良猫を見守ってきた女性(55)は「来るたびにまた猫が死んでいないか心配。生きているのを見て安心する」と心を痛めている。
                       同公園の猫に起因する問題は数年前から。以前から猫を捨てる人が後を絶たず、野良猫は住宅のごみを荒らしていた。那覇市環境保全課には猫のふんや発情期の鳴き声のうるささなどの苦情が寄せられる。そのため、猫を嫌う人もいる。こうした中、猫の変死の問題も浮上してきた。
                       動物を殺した場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金、捨てても50万円の罰金に処せられる。告発状を受け、那覇署は再発を警戒しつつ、事件性の有無を調査している。
                       ケルビムの中村吏佐代表理事は「責任感のない飼い主が原因で猫は野良になり、周辺住民の迷惑になってしまう。さらに心ない人の虐待で殺される。動物を飼う意味と責任を考えてほしい」と求めた。
                       ケルビムは那覇署に猫の虐待の取り締まりを求める署名を集めている。アドレスはhttp://cherubims.ciao.jp/index.html

                      2009年7月11日 琉球新報
                      http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-146962-storytopic-1.html

                      by jl-jl
                      | 虐待事件 | 23:59 | - | trackbacks(0) | - | - |