RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

動物関連ニュース

動物たちの活動のために動物に関する記事を参考のために集めています

どんぐりさん・すぴかさん
専用のパスワードを設定しましたので是非メールをお待ちしています
安楽死の末に/下関市
0
    ◆下関市殺処分に吸入麻酔剤
      誰のための安楽死か、誰が楽になるのか――。飼い主らに飼育を放棄された犬や猫の殺処分に、世界で初めて吸入麻酔剤による「安楽死」を導入した下関市で、猫の殺処分数が増えている。市の動物愛護管理センターでは昨年度、前年の約1・5倍に当たる1502匹を殺処分した。きょうもセンターでは、望まぬ「最期」を迎えた動物たちの鳴き声が響いている。
    (大井穣)


      「ニャ〜、ニャ〜」「ギャンッ、ギャンッ」


      8月13日午後2時、下関市井田の動物愛護管理センターの「処分室」。無機質な機械音に交じって、猫の重苦しい声や犬の甲高い鳴き声が響いていた。


      彼らは「シャトル」と呼ばれる金属製の頑丈な檻(おり)に1、2匹ずつ入れられていた。近くのホワイトボードには「麻酔予定 猫7匹 犬2頭 計(9)」との書き込みが。間もなく大型冷蔵庫ほどの大きさの処分機に檻ごと入れられ、最期を迎えるのだ。


      センターによると、処分機内は人間の手術で使う医療用の麻酔ガスを高濃度の状態で充満させる。手術では濃度が数%程度だが、処分機内は数分間で14%まで上がる。


      過剰な量の麻酔を吸わせることで、先に意識がなくなり、やがて徐々に身体機能がまひする――。これが安楽死の仕組みだ。ほとんどの地域で実施されている二酸化炭素での窒息死に比べ、「動物は苦痛を感じずに死ぬ」という。


      「どうか成仏を」。藤永真善美センター長(57)は数珠を手に合掌すると、処分機を稼働させるために隣のコントロール室へ移動した。


      室内の小型モニターには処分機内の犬猫の様子が映っていた。檻のなかで、もぞもぞと動いていた。


      だが「麻酔薬注入」と書かれた赤いボタンを職員が押すと変わった。最初は体を横にして寝転がり、目を閉じて深い呼吸をしていた。人間で言う泥酔状態らしい。だが2分が過ぎるころには、呼吸が止まった。


      「亡くなりました」。藤永センター長はそう告げると、再び合掌した。


      モニターに映る彼らは、眠っているような穏やかな表情だった。遺体は処分機から出されて火葬となる。


       ◇  ◇  ◇


      同センターでは週2回、殺処分が行われる。


      センターに引き取られても、人に慣れている犬や猫なら、「譲渡」の道がある。


      だが、猫は狂犬病予防法で予防注射や登録が義務づけられている犬と違い、法的な縛りがあいまい。引き取った時は病気で体調が悪いケースも珍しくなく、譲渡されるのは一握りだ。


      「せっかく譲渡が決まっても、懐かないとか病気を抱えていたとなれば、また捨てられてしまう」と藤永センター長はジレンマを語る。


      譲渡の道がない猫は引き取りから4〜14日間を経た後に殺される。「最期の日」を迎えるまで、彼らは冷暖房つきの専用棟で過ごす。


        ◇  ◇  ◇


      保健所の業務を政令指定市や中核市などに移す地域保健法で、県内では下関市と県(それ以外の市町)の2団体が動物の殺処分を担う。


      県の施設ではここ数年、犬猫の殺処分数は減少傾向にある。なかでも猫は2006年度は3540匹だったが、09年度は2394匹に減った。


      減少の背景には、07年10月に導入した「猫・犬の引き取り有料化」がある。生後90日を超えた犬猫は一匹2千円(生後90日以内は400円)で引き取られている。


      「終生飼育など飼い主らのモラル向上を促すために導入したが、一定の牽制(けんせい)効果をもたらした」と県の担当者は言う。環境省によると、無料化は全国で81の自治体が導入している(09年4月現在。犬猫どちらかの場合も含む)。


    ◆猫1502匹絶命 件数増
      一方の下関市。犬の殺処分数は06年度から毎年減っているが、猫は09年度を境に増えた。06年度は1263匹、08年度は984匹だったが、09年度は1502匹に増加。引き取りは無料で、「有料化は今後の課題」としている。


    ◆垣間見える身勝手さ
      「動物の苦痛をなくしたい」との考えから導入した安楽死。だが、引き取りが無料であることもあってか、「楽に死なせてくれると聞いてきた」「餌付けをしていたが、増えすぎて困った」といった飼い主らが後を絶たない。


      無責任な飼い主には放棄がどれほど罪深いことか知って欲しい――。藤永センター長は「引き取った動物のなかには、入院・介護などの生活事情でやむなく処分になった動物もいる。だが一方で人間の身勝手に振り回された動物もいる」と苦しい胸の内を明かす。


      現状を少しでも改善しようと、センターは去勢・避妊手術で1件当たり4千円を助成している。月3回、譲渡会も開いている。詳しくは同センター(083・263・1125)へ。

    2010年08月21日 asahi.com
    http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000001008210004

    by jl-jl
    | 愛護センター関連 | 19:53 | - | trackbacks(0) | - | - |
    「苦渋の決断」…犬猫の殺処分回避で全国的に注目された熊本市動物愛護センター、8カ月ぶりに犬を殺処分
    0
       犬猫の殺処分回避で全国的に注目されている熊本市動物愛護センター(同市小山)は25日、
      犬3匹を殺処分したことを明らかにした。26日も犬3匹の処分を決めている。犬の殺処分は
      約8カ月ぶりで本年度は初めて。昨年度は1匹だったが収容数が限界を超えていたこともあり、
      「苦渋の決断」(同センター)を余儀なくされた。

       同センターで一度に収容できるのは施設規模から50〜60匹程度が限界。昨年度から満杯
      状態が続いていたが、4月以降は収容数が増加傾向にあるのに対して、元の飼い主に引き取られる
      ケースが例年より少なく、今月11日には過去最高の82匹まで増えた。その後、譲渡先が
      見つかるなどして一時は70匹を割ったが、24日時点で78匹と依然として限界を超えていた。

       昨年9月以来となる殺処分の理由について、同センターは「限られた空間に犬の数が多すぎる
      ため、感染症が一気に広がる恐れがあるほか、けんかで死亡するケースも心配され、譲渡される
      犬まで死んでしまいかねない」と説明する。

       今回の殺処分6匹はいずれも成犬で、しつけが難しいなど譲渡先が見つかる可能性が低いという。
      今回以降の殺処分は予定していないとしている。同センターは「ボランティアの市民の協力も
      得ながら一生懸命に犬の命をつないでいる。飼い主が犬を迷子にさせないこと、最後まで責任を
      持って飼うことへの理解を求めたい」と話している。

      2010年5月25日 くまにちコム
      http://kumanichi.com/news/local/main/20100525008.shtml

      by jl-jl
      | 愛護センター関連 | 21:09 | - | trackbacks(0) | - | - |
      「殴ったりたたいたりして、目にけがを負わせるなど」 〜猫虐待の疑い、20代男性書類送検へ ネットで譲り受け
      0
        インターネットのサイトを通じて譲り受けた猫を虐待したとして、愛知県警は13日にも、名古屋市南区の20代の無職男性を動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)の疑いで名古屋地検に書類送検する方針を固めた。
        捜査関係者が明らかにした。
        男性が住むマンションと周辺では、猫10匹の死体が見つかり、譲り主らがこの男性を告訴していた。

        捜査関係者によると、男性は犬や猫の飼い主を探すサイトを通じて同市内の女性から譲り受けた猫2匹を昨年10月、
        殴ったりたたいたりして、目にけがを負わせるなど、虐待した疑いがある。

        男性は同年8〜10月ごろ、このサイトを通じて9匹の猫を引き取り、一部の譲り主に「転落死した」などと連絡。
        マンションの屋根や歩道で死んでいるのが見つかった10匹のなかに引き取った猫が含まれていたことから、譲り主や同市内の動物愛護団体が同法違反などの疑いで南署に告訴した。
        だが、これら死んでいた猫については、男性の虐待容疑を示す物証を得られなかったという。

        2010年5月12日 asahi.com
        http://www.asahi.com/national/update/0512/NGY201005110035.html

        by jl-jl
        | 虐待事件 | 21:05 | - | trackbacks(0) | - | - |
        高速PAに野良猫集結「餌付け」巡り水掛け論
        0
           兵庫県淡路市の神戸淡路鳴門自動車道・室津パーキングエリア(PA)で、餌を求めて集まる野良猫が後を絶たず、管理する本四高速道路会社を悩ませている。

           上下線とも10匹前後いるとみられ、可愛(かわい)がる客がいる一方で、同社は噛(か)まれるなどのトラブルを心配。4、5年前から<餌付け>禁止の張り紙を掲げているが、効き目は薄いようだ。

           約100台の駐車スペースがある同PAには2005年12月にコンビニ店が開店したが、猫はそれ以前から出没。自動販売機で売っていたカップ麺(めん)の食べ残しなどをあさるようになり、電話ボックス内で雨宿りする猫も出始めた。当時から餌を与える客がいたといい、苦情を受けた同社は張り紙で「食べ物をあたえないでください」と求めた。

           しかし、ベンチで寝転がってくつろぐなど、見るからに“癒やし系”の猫たち。菓子を与え、写真を撮り、体を触る人もいて、「警戒心が薄れてきたようだ」と同社神戸管理センター。目障りだとの苦情はあるが、「かわいそう」「なぜ餌をやっちゃダメなの?」などの声も聞かれるという。

           「人慣れしているからと不用意に触り、噛まれたり引っかかれたりしたら……。当社敷地内とはいえ、そこまで責任を負えない」。そうした懸念から、同センターのスタッフらが時々、捕まえるふりをして猫たちを威嚇。それでも数時間で戻ってくるといい、並べて置いた水入りのペットボトルもむなしい。

           関係者によると、「餌をやらないと却(かえ)って人に噛みついたりするかも」と言う人もいたようだ。一方、ある男性客は「かわいそうなら引き取って家で飼えばええんや」。そうなれば、もはや水掛け論。“野良”になった動物と人との共生は、なかなか難しい。

          2010年5月12日17時38分 読売新聞
          http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100512-OYT1T00209.htm

          by jl-jl
          | 一般 | 21:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
          男性が猫との結婚に踏み切る―ドイツ
          0
              ドイツに住む39歳の男性が、10年連れ添っている飼い猫と結婚式を挙げ、話題になっている。この猫は実年齢15歳。人間の年齢で70歳以上の老齢の上、喘息を患っておりこの先長くは生きられない。そして、男性は猫が亡くなる前に結婚を踏み切った。

              ドイツで宅配ドライバーとして働くウーヴェ・ミッシェルリッヒさん(39歳)は、5月1日(現地時間)、飼い猫のセシリアとの結婚式を挙げた。セシリアは、彼が10年前にバルト海のリゾート地で拾ったメス猫だ。彼はセシリアと出会い、恋に落ちたと話している。

              「猫と結婚するなんて異常に聞こえるかも知れません。でも、僕らは出会って以来、ずっと一緒に寝ています。いつも寄り添い合っています。僕らのように仲のいいカップルはあまり居ないんじゃないかな」とお互いの関係について語った。

              ドイツでは人間と動物の結婚は法的に認めていない。そのため形式的な結婚披露パーティが行われた。式にはウーヴェさんの双子の兄弟エリックさんが立会人として出席し、ドイツの有名女優クリスティン・マリアさんが司会として参加した。黒いタキシードにシルクハット姿のウーヴェさんと、白いドレスをまとったセシリア。誓いの言葉では、永久の愛を誓いますかという問い掛けに、セシリアは「ニャー」と返事をした。

              「この先そう長くは生きられない」と獣医の診断を受けているセシリア。結婚に踏み切ったウーヴェさんの思いは、どれだけ届いているのだろうか。

            2010/05/06 サーチナ
            http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0506&f=national_0506_039.shtml

            by jl-jl
            | 海外 | 20:57 | - | trackbacks(0) | - | - |
            県内最古の猫供養碑 160年前建立丸森・大内で発見
            0
               江戸時代から昭和にかけて養蚕業が盛んだった宮城県丸森町で、猫を供養する石碑が見つかった。村田町歴史みらい館は、蚕を食い荒らすネズミを捕る猫が当時の人々の生活に密着していたことを示す史料とみている。
               石碑は丸森町大内の林道沿いにあり、高さ54センチ、幅24センチの安山岩に「猫供養」と彫られているほか、右脇には「嘉永二酉年」と記され、1849年につくられたことを示している。左脇には飼い主とみられる男性の名前も確認できる。
               石碑を発見した歴史みらい館の石黒伸一朗総括主査(52)によると猫供養の石碑は県内では同町耕野、角田市鳩原で、それぞれ明治時代、昭和初期のものが発見されているだけ。今回見つかったのは三つの中で最古という。
               石黒さんは「供養されているのはネズミをたくさん捕った猫かも知れない。人間と同様に丁重に供養されたのではないか」と話している。

              4月27日 河北新報
              http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100427-00000007-khk-l04

              by jl-jl
              | 一般 | 20:54 | - | trackbacks(0) | - | - |
              埼玉の山中に大量のペットの死骸 野焼きもしていた元町議が捨てた理由とは…
              0
                産経新聞 2010.4.17 12:00
                【衝撃事件の核心】埼玉の山中に大量のペットの死骸 野焼きもしていた元町議が捨てた理由とは…
                http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100417/crm1004171201013-n1.htm
                 急斜面に沿って約1キロの範囲に捨てられていた約180匹の犬猫の死骸(しがい)。服を身につけたり、耳にリボン飾りを付けた犬たちは、本来なら手厚く弔われるはずだった。埼玉県飯能市の正丸峠付近に犬の死骸を捨てたとして逮捕されたのは、同県三芳町藤久保の元同町議でペット火葬業「花園ペット祭典」経営、阿部忍容疑者(71)。「悪いと思いながらやってしまった」。こう供述しているものの、飼い主やペットの無念さが消えることはない。
                カラスについばまれ…容易でない飼い主の特定
                 東京都内のペットサロン関係者から埼玉県警飯能署に「犬の死骸が大量に捨てられている」と相談が寄せられたのは2月下旬。現場は「地元の人でもめったに行かない」(県警幹部)という飯能市坂元の正丸トンネル手前の旧道を入ったところで、夜は物音一つしない漆黒の闇に包まれる寂しい場所だ。
                 笹が生い茂る急な斜面で危険なため、県警は3月26日、機動隊を出動させた上で、黒色のポリ袋などに入った約80匹の犬猫の死骸を回収した。同月31日の2度目の捜索では、17匹の犬の死骸を見つけた。
                 回収された約100匹の死骸の半分以上がマルチーズやシベリアンハスキーなどの純血種で毛並みもよかったことなどから、県警では捨てられたのがペットとみて捜査を進めていた。
                 しかし、血統や出生を示すマイクロチップが埋め込まれていなかったり、腐敗してカラスについばまれるなどしていたため、飼い主の特定は容易ではなかった。 
                 そうした中、県警が着目したのが、小型犬「パピオン」を包んでいた白いタオルだった。
                 そこには自治会の名前が書かれており、タオルが配布された地域が埼玉県川口市内であることを突き止めた。さらに捜査を進め、飼い主の無職女性(80)を探し当てた。
                 女性は実際に、急死したペットの葬儀を阿部容疑者に依頼し、代金1万8千円を支払っていた。
                 阿部容疑者は3月19日、黒色のワゴン車に乗って黒いスーツ姿で女性宅を訪れ、車内に設置した祭壇に線香を立てて犬を安置。カセットテープで約10〜15分間お経を流して供養した。火葬する約束で犬を引き取り、翌20日、骨壺に入った骨を女性に返していた。
                別の犬の骨を渡し…冷蔵庫の中からも犬の死骸
                 飼い主の特定に加え、県警では3月末に24時間態勢で現場に設置していた監視カメラの画像を解析。カメラには、阿部容疑者のものらしき黒色のワゴン車が写っていた。
                 こうして内偵捜査を進めてきた県警は4月7日、川口市の無職女性の犬の死骸を山中に遺棄した廃棄物処理法違反容疑で阿部容疑者を逮捕。翌8日には、他の犬16匹の死骸を捨てた容疑も加えて、さいたま地検川越支部に送検した。
                 阿部容疑者は県警の調べに対し、「悪いと思いながらやってしまった」と供述。パピオンの飼い主の女性に渡した骨については、「別の犬の骨を骨壺に入れて渡した」と明かした。ほかの16匹の犬の死骸の遺棄容疑についても認めているという。
                 県警は阿部容疑者の逮捕後、正丸峠付近を飯能市とも協力して3度目の捜索を行った。その結果、動物のものとみられる約80匹分の頭蓋骨(ずがいこつ)を回収した。
                 阿部容疑者の自宅や車への家宅捜索では、死骸を包んでいたのと同じ種類の黒色のポリ袋数束や、100人以上の顧客の名前や住所が書かれた大学ノート数冊が押収された。ノートには各顧客への骨の返還についてもメモされていた。
                 さらに、骨壺や粉状になった動物のものとみられる骨があったほか、室外に置かれた冷蔵庫の中にも数匹の犬の死骸が入っていたという。
                 県警によると、阿部容疑者がペット葬儀業を始めたのは、約13年前。仏壇を積んだワゴン車で顧客宅に出向く「出張葬儀」とされる業務形態で、葬儀料はペットの大きさなどによって変えていた。
                 小型犬なら約1万円、大型犬なら約2万円、猫なら約8千円。飼い主が火葬に立ち会う場合は「スペシャルコース」で約6万円だった。
                 阿部容疑者がタウンページに掲載したり、自宅近くの電柱に張り出していた広告には、「まごころで奉仕します」「お取引から納骨・霊園まで」「つつがない旅路のお手伝いをさせていただきます」といった宣伝文句が掲載されていた。
                早朝に遺棄…「カネを浮かすため」
                 ペット葬儀は電話で年中無休、24時間態勢で受付を行っていた。死骸を遺棄するのは主に早朝で、その後、葬儀業に戻るという生活。県警では、県内全域や都内に顧客がいたとみている。
                 手広く商売をする半面、ペット専用の火葬炉を持っていなかったという阿部容疑者。このため、火葬をする場合は、火葬炉を持つ知り合いの業者に依頼していた。
                 ペットを火葬しないまま捨てた理由については、「火葬には費用がかかり、手元に残るのは1000円程度。カネを浮かしたかった」と供述しているという。
                 阿部容疑者は昭和58年に三芳町議に初当選後、落選期間を挟み3期12年に渡って同町議を務めていた。ところが、任期中でペット葬儀業を本格的に始める前にも、自宅近くの他人の畑で動物を野焼きする姿が目撃されていた。
                 三芳町によると、市民から動物の野焼きの苦情を受けた当時の議員が平成5年9月、議会に阿部容疑者の辞職勧告決議案を提出。可決されたものの、同容疑者は辞職せず、「地域社会への配慮を欠いた上、議会の品位を失墜させた責任は大きく、反省している。今後、このようなことを起こした場合は、議員を辞職する」と謝罪したという。
                 三芳町によると、阿部容疑者は同年4月から辞職勧告決議が可決されるまで、狂犬病予防で飼い犬の行政への登録などを管轄する町議会の厚生常任委員会(当時)の委員長だった。
                「10年前から捨てていた」…詐欺罪での立件も視野
                 逮捕された後は留置場でおとなしく過ごしているという阿部容疑者だが、事件に対する世間の反響は大きい。
                 阿部容疑者宅の近くの住民で、過去に同容疑者にペット火葬を依頼したという主婦(44)は「火葬する約束だったのに、その後、『無事に終わった』といわれただけで、位牌(いはい)も骨壺もない。ちゃんと成仏してくれればいいけど」とうつむいた。別の主婦(50)は「近所で動物の死骸を焼いているという話は聞いたことがあった。本当に気持ち悪い」とまゆをひそめた。
                 県警には市民から「自分の飼い犬も事件に巻き込まれたのではないか」といった問い合わせが殺到しているという。
                 飯能署に最初に相談したペットサロンの関係者は阿部容疑者の逮捕を受け、「これでペットの飼い主が判明すると思うので、あの子たちの冥福(めいふく)を祈るとともに、(これまで法律による規定がなかった)ペットの火葬に関して法令改革に向けて動くことを望んでいる。これは氷山の一角にすぎないと思う」と話した。
                 阿部容疑者は県警の調べに対し、「約10年前から犬の死骸を捨てていた」と供述しているという。県警では、こうした供述や新たに山中から見つかった犬などの死骸が白骨化していることから、阿部容疑者が長年にわたって継続的にペットの死骸を遺棄していたとみて、裏付け捜査を急いでいる。
                 また、県警では阿部容疑者が「火葬する」と飼い主に約束しておきながら、実際にはペットを火葬しないまま死骸を捨て、葬儀代をだまし取っていた可能性もあるとみて、詐欺罪での立件を視野に捜査を進めている。

                | 一般 | 16:24 | - | trackbacks(0) | - | - |
                犬の糞処理めぐり口論→突き飛ばし男性死亡 容疑で61歳男を逮捕 大阪府警
                0
                   犬の糞(ふん)の処理をめぐり、路上で口論となった男性を突き飛ばして負傷させたとして、大阪府警南堺署は16日、傷害容疑で、堺市南区原山台、無職、吉田満容疑者(61)を逮捕したと発表した。

                   事件は10日に発生し、男性は壁に頭を強打、14日に搬送先の病院で死亡した。同署は容疑を傷害致死に切り替えて捜査している。

                   逮捕容疑は10日午後5時55分ごろ、自宅近くの路上で乗用車を運転中、散歩中の飼い犬の糞を処理していた近くに住む無職男性(69)にクラクションを鳴らして口論となり、男性の胸のあたりを突き飛ばしてコンクリート壁に頭を強打させたとしている。

                   同署によると、吉田容疑者は「通行の邪魔になるのでクラクションを鳴らした」と供述しているという。

                  2010.4.16 産経ニュース
                  http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100416/crm1004162223022-n1.htm

                  by jl-jl
                  | 一般 | 20:51 | - | trackbacks(0) | - | - |
                  動物愛護法違反:知事登録受けず犬を販売
                  0
                    毎日新聞 〔筑豊版〕
                    動物愛護法違反:知事登録受けず犬を販売 容疑の男を書類送検−−直方署 /福岡
                    http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20100415ddlk40040491000c.html
                     知事の登録を受けずに犬を販売したとして、直方署は14日、直方市のブリーダーの男(35)を動物愛護法違反容疑で福岡地検飯塚支部に書類送検した。男は容疑を認めている。
                     送検容疑は、男は08年9月〜09年7月ごろ、動物取扱業の知事登録を受けないまま、岡山市内のペットショップなどに犬7頭を計約64万円で5回にわたり販売したとされる。
                     県警は2月、同法違反容疑で男の自宅など4カ所を捜索していた。男は多い時は100頭近くを飼育していたが、現在は約20頭になっている。【小畑英介】
                    | 愛護法 | 16:09 | - | trackbacks(0) | - | - |
                    動物愛護法違反:知事登録受けず犬を販売
                    0
                      毎日新聞 〔筑豊版〕
                      動物愛護法違反:知事登録受けず犬を販売 容疑の男を書類送検−−直方署 /福岡
                      http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20100415ddlk40040491000c.html
                       知事の登録を受けずに犬を販売したとして、直方署は14日、直方市のブリーダーの男(35)を動物愛護法違反容疑で福岡地検飯塚支部に書類送検した。男は容疑を認めている。
                       送検容疑は、男は08年9月〜09年7月ごろ、動物取扱業の知事登録を受けないまま、岡山市内のペットショップなどに犬7頭を計約64万円で5回にわたり販売したとされる。
                       県警は2月、同法違反容疑で男の自宅など4カ所を捜索していた。男は多い時は100頭近くを飼育していたが、現在は約20頭になっている。【小畑英介】
                      | 愛護法 | 16:09 | - | trackbacks(0) | - | - |